Mezalog

備忘録的な

生涯未婚率が異常に高い。孤独死でいいのですか?

SPONSORED LINK

f:id:grass1023:20180218154659j:plain

うえきちです。

 

グラフは内閣府のデータから作成したものです。

f:id:grass1023:20180218143517j:plain

平成27年版 少子化社会対策白書(全体版<HTML形式>) - 内閣府

生涯未婚率というのは50歳の時の未婚率です。

 

2010年のデータですが、男性が5人に一人、女性が10人に一人は未婚です。

実はこの数値はまだ真実を表していないと感じています。

 体感的には半分程度の人が未婚状態

因みにさっきのデータの近似曲線を延長してみます。

f:id:grass1023:20180218144553j:plain

2020年には男性が10人に3人、女性が10人に2人弱の人が未婚というデータになる事が予想されます。

 

未婚ということは結婚していても離婚した人は未婚にカウントされます。

 

ただ、データは50歳の時点であり、もう少し厳密に言いますと45歳から50歳のデータと50歳から55歳までのデータを平均しています。(生涯未婚率の定義)

 

実際にまわりの人の実態を聞いてみますと、ほぼ半分ぐらいの人が、結婚したことがないか子育てを終えた後で離婚しています。

 

結婚しない人の大きな理由2つ

結婚したいと思っていてもできない人と結婚したくない人がいるとは思います。

理由は多くあるでしょうが、最近増えているのはこの二つではないかと思います。

他人と暮らすことができない

お金は十分にあるし、結婚できるならしたいと思っていても、他人と一緒に暮らす事が何らかの理由でできない人が増えているのではないかと思います。

 

どうしても自分だけの好きなように暮らす訳にはいきません。

結婚とは相手と話し合い、妥協や協力をし、自分の時間や労力・お金を提供することです。

 

一人暮らしが長いほど、この人生の大転換ができなくなります。

 

あまり人と交わる事を嫌う人もこの傾向があって、傍から見たらイケメンだったり素敵な女性であっても孤独な生活をしている人が増えています。

結婚生活をしていくお金がない

f:id:grass1023:20180218153224j:plain

いや実際には2人の独り暮らしの男女が別々に生活しているよりは一緒にひとつ屋根の下で暮らしている方がいろんな意味で安上がりなんです。

 

ところが、出産・育児と考えるととてもお金がない場合、踏み出せないかもしれません。

 

実は子供を持たない結婚生活をしている人もかなり増えています。

お金が原因の場合と子供ができない理由がある場合ですが。

かといって不妊治療までするほどお金もない場合諦めてしまいます。

 

不妊治療は毎年超高級車が買えるぐらいのお金がかかるそうですから。

離婚した人の理由

f:id:grass1023:20180218153938j:plain

相手と一緒にいたくなくてもかつては経済的原因からどうしても離婚するわけにいかず、耐えている人は多かったと思います。

 

今では共働きをする人、せざるを得ない人が増える半面、女性が一人暮らしできる条件が整ってしまったという一面があります。

 

子育てをするにはどうしても二人で協力しないと無理だけれど、子供が就職してしまえば夫婦で一緒に暮らす理由がなくなり、2人でいる事が苦痛な人は離婚に踏み切ってしまうようです。

 

離婚する人が増えた分、再婚を希望する人も増えている事は確かです。

子供はもういらないから、人生最期の日々を誰かと穏やかに暮らしたいからです。

一人では生きていけない

ペットさえいてくれたら大丈夫と思って猫や犬を飼う人がいます。

f:id:grass1023:20180218154156j:plain

確かに無償の愛をくれますし、本当に癒してくれます。

 

ところが2つ大きな問題があります。

人間に比べて寿命が短い

言うまでもありませんが、10年から20年が寿命です。

可愛がっていたペットの死と対面する事は非常に辛いものです。

癒してくれるが頼りにはならない

お話を聞いてくれるかもしれませんが、あなたの気持ちや事情を理解はしてくれません。

 

代わりに役所に行って手続きをしてくれませんし、家の修理はしてくれません。

もちろん料理をしてはくれません。

 

ペットを否定するものではありません。

ただ、あなたはあなたを理解し、人生を共に生きてくれる人を必要としています。

 

それは兄弟・姉妹かもしれませんし、友達かもしれません。

 

でも、一番良いのはやはり終生共に暮らすと誓った相手だと思います。

f:id:grass1023:20180218154343j:plain

伴侶を求めるのに遅すぎる事はありません。