Mezalog

備忘録的な

会社の仕事を早く片付ける5つのポイント

SPONSORED LINK

うえきちです。

残務の山に苦しんでいませんか?

「何も進んでないのに今日一日が終わっちゃった。」

そんな人は、5つのポイントをチェックして実行すると心軽やかに仕事がはかどりますよ。

いろんな本とわたしの実経験で実証済みです。

 

最初に人に振れる仕事を全部振る。

f:id:grass1023:20160203210836j:plain

まず大急ぎでやるべきことは、自分のところにあるボールを投げられる相手に全部投げてしまう事です。

誰かに聞く、誰かに何かをお願いするといったような事は、まっさきに電話やメールを出してしまいます。

自分の仕事を誰かに丸投げするという事ではないですよ。

誰かに依頼する要件があれば、最初に出してしまいます。

他の人の意思決定を引き受けない。

仕事って、何か解決すべき事があって、選択肢があって、それを選んで実行するというサイクルになります。その次にどうしたら良いかについて決める人が必要です。

 

本来は担当者が意思決定し、上司はその報告を受けるのがあるべき姿です。

 

同じグループで仕事をしていたとしても、他の人の意思決定を引き受ける必要はないし、上司の立場であっても意思決定は担当者がやるべき事です。

意思決定をするためには確認するべき作業が多くあり、部門間の調整をする必要があったりします。

担当していないそのような意思決定をうかうかと引き受けてしまうと急激にやることが膨らんでしまいます。

雑用はすぐにとりかかり最後まで片付ける

書類に目を通すとか、記入するなどといった雑務は目の前から全て無くなるまでいっきにかたずける事が重要です。

 

雑務をデスクに置いたままで重要な仕事を始めるべきではありません。デスクが散らかったり、やる事リストがいっぱいのままだと、ずっとその重圧を感じながら仕事をする羽目になります。

これでは大事な、難しい仕事に身が入りません。

机も頭の中もすっきりしてから重要な仕事に向かうべきなのです。

やらないでいい仕事はやらない

やるべきリストの中のタスクは本当にやらないといけないでしょうか。

あなたの仕事ですか?

もっとふさわしい人はいませんか?

あるいはやらなかったらどうなりますか?

やらなくても良い仕事はやらなくていいんです。

時間を余らせてやりたい事に時間を取る

本当に重要で困難な課題というものは、雑務を片付けた後でじっくり取り組んだら非常にはかどります。

 

時間を余らせる意味は、降って湧くような仕事があるかも知れないからです。急に上司に呼び出されて重要な相談があるかも知れません。

 

くだらない業務をあなたの仕事が終わった時を見計らって持ってくるようなクサレパワハラ上司は論外ですが。

まとめ

いかがでしょうか。

いわゆる会社生活をしているとやらなければならない事がワンサカあるものです。

雑務をさっさと片付けられれば本当に自分が力を入れるべき業務に没頭できます。

 

お役に立てましたら幸いです。

 

ではでは〜