Mezalog

備忘録的な

8月1日グーグル検索アップデートで飛んだ

SPONSORED LINK

f:id:grass1023:20180811150757j:plain

今までのアップデートでは影響を受けてなかったけど、とうとううちのサイトが飛びました。

 

そこそこアクセスがあったサイトが何と!ゼロになりました。

 まずアドセンスが急激に落ち込んだ

毎日暇な時に「今日はどれぐらいいってるかな~」ってスマホのソフトでチェックしてるんです。

 

それが急に増えなくなってゼロ近くまで落ちました。

 

何が起きているのか状況が分からなかった(ツイッターチェックしてなかった)のでまずはアクセスログを見る。

何と急降下。

 

いくつかのクエリの順位をチェック。

チェックしたのはそれほど順位変動がない。

 

JRC回しているのは自宅で、私は自宅にいない生活を最近は続けていて細かなチェックができない状態。

 

自宅へ帰った時に見てみてビックリ。

今までトップテンに入っていたワードが軒並み圏外に飛んでいる。

 

一番痛かったのは、本当に世に先んじて投稿した考え方の話のキーワードが飛んだ事。

今までそのキーワードでのアクセスが大半だった。

 

今では世のメディアから真似されて、その考え方が主流になってるけど、その流れを作ったのは俺なんだけど。。。

今回の敗因とグーグルのアルゴリズム変更点

【速報】8月1日にGoogleで大きな順位変動!広範囲なコアアルゴリズムアップデートの実施を発表。順位回復の対策は? | モバイル時代のSEO情報ブログ

が詳しく書かれていました。

 

要するに検索キーワードにしっかりユーザーに答えを出しているページが上位に来て、答えを出してないページは表示しないようにされたみたい。

 

実は私のページ、着眼点や見方は新しいのだけれど、はっきりとユーザーに答えを示す書き方をしてないんです。

 

その事をしっかり見抜かれてしまいました。

 

対策とまとめ

別に難しい話じゃなくて、検索ユーザーが知りたい事に対してしっかり答えを出してスッキリしてもらうように書く必要があります。

 

  • 何を知りたくて読みに来ているかわかってない
  • 起こりうる疑問に気付いていない

自戒を込めてですが、ユーザーのニーズを満たしていないページは無価値の烙印をGoogleに押されるでしょう。

 

無価値のページは検索結果に表示する意味がGoogleには無いのですから恐ろしいほど順位を下げられそうです。

 

しばらくはしっかり修正作業頑張ります。